スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「江戸の暮らし」 双葉社スーパームック

時代小説好きにはたまらない一冊が発売されました。江戸庶民の暮らしをCGで再現した、画像満載のこの作品は普段見ている時代劇テレビドラマからでは分からない江戸の風情を体験できると思います。裏長屋の再現CGは圧巻です。
ところで、この作品のCGを担当している中村氏のHP「edo」は以前ご紹介していましたが、ご本人から当ブログにコメントをいただきました。
その記事はこちらから→http://duel102.blog43.fc2.com/blog-entry-65.html#comment494
中村宣夫氏「Edo 江戸」のHPはこちらから→http://www.geocities.jp/yumetoikiru/edo/edo-1.html

「江戸の暮らし」
3DCGと浮世絵からひもとく江戸の街並み 文化 遊び
スポンサーサイト

テーマ:雑誌(既刊~新創刊) - ジャンル:本・雑誌

「ミステリマガジン」 早川書房

リンダ・フェアスタインの短編が載っているということで早速購入してみたのですが、ロマンス小説の特集記事が満載で、新刊情報なども掲載されていました。先日ご紹介した「美しい嘘」の著者であるリザ・ウンガーのメッセージ記事もあり、充実した内容になっております。「僅か6ページに凝縮されたロマサスの王道」という漫画が、かなり笑えて頭から離れなくなってしまいました。ぜひ、読んでみて下さい。
ミステリマガジン 2007年 07月号 [雑誌] ミステリマガジン 2007年 07月号 [雑誌]
(2007/05/25)
早川書房
この商品の詳細を見る

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

桜庭馨他 「恋のプリズム」ハーレクイン文庫

ハーレクイン社が2005年に初めて実施したショート・ラブストーリー・コンテストの受賞作6作が収録されています。
日本人が書いた日本人の恋愛物語。短編小説でしかも日本人が書いた恋愛小説なのでハーレクインはちょっと苦手と思っている方でも楽しめる作品集になっています。ですが、ハーレクイン好きには物足りなく感じるでしょうね。

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

ハリー・ポッターと謎のプリンス

ハリー・ポッターと謎のプリンスの予約をやっとしました。いつもはコンビニ受け取りのイーエスブックスを活用しているのですが、今回はこのブログでもリンクしているビーケーワンで予約しました。それもフィルムコート仕様で!図書館のようにフィルムコートしてあるんですよ!凄いですよね!
私は回し読みをしているので、この特典には大賛成です。
表紙カバーを汚したくないと言う方にはお薦めのビーケーワンです!

雪乃紗衣 「彩雲国物語」角川ビーンズ文庫

中国風ファンタジーと言うのでしょうか?十二国記は有名ですが、私はこの十二国記が大好きなんですよ。NHKでもアニメ化されましたよね。それで中国風ファンタジーが他にもないか探したところ、この彩雲国物語を見つけたのであります。新人作家さんなんですけど、設定がきちんとされていて、とても面白いんですよ。十二国記は主人公の成長物語でしたが、この彩雲国は恋愛もあり主人公がとっても魅力溢れる少女なんです。逆ハーレムのような美男ばかりが出てくるのでそこもツボです(^▽^)
「藍より出でて青」は10作目の作品になります。

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

DORAEMON English comics

英語がまるっきりダメな私は日本語が通じる場所以外は行かない!と心に誓っていました。しかしここ数年、海外小説が好きになり翻訳するまで時間が掛かることもあって原書を読みたい!と痛切に感じるようになったのです。話せなくても読めればいいので多読に挑戦中。それでこの本を買ってみました。・・・ダメです。訳があるとそちらばかり見てしまいます。多読するなら訳付きはアウトですね。でもこの本は面白いし懐かしいので普通に読むならお薦めです。

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

秋野ひとみ 「ラストシーンでつかまえて上・下」講談社X文庫

ティーンズ向けの小説なので、読んでいてもブログでは紹介したりしませんでしたが私はこの作品を小学生の頃から買い続け約17年間続いたシリーズでした。この作品で完結となりとても悲しくて落ち込んでいます。実は作品が終わった訳ではなく、講談社のティーンズハートという企画が無くなってしまったそうです。いつまでも終わらないシリーズだと思っていたのに・・・。カムバックを望みます!

「ラストシーンでつかまえて(上/下)」

続きを読む»

テーマ:本格ミステリ - ジャンル:本・雑誌

結城五郎 「哀しい罠」ハルキ文庫

主人の友人がこの出版社に勤めているので、お薦め作品を教えてもらうんですけど、新人の方の作品ってなかなか手が出ないので彼には感謝してます。
佐伯泰英を好きになったのも彼のお陰だったなー。ありがとうS君!

続きを読む»

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

野村克也 「野村ノート」小学館

野球と言えば巨人の私ですが、最近の野球界はちっとも面白くない・・・。
松井がいた頃、ドームに試合を見に行きました。ちょうど阪神戦で、阪神が負けたんですよね。ドームの外で阪神のファンが「六甲~」の応援歌を大合唱して巨人ファンを威嚇?してました。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

宮部みゆき 「孤宿の人」新人物往来社

宮部みゆき作品は知人が全て持っていたので何ヶ月も掛けて読破しました。彼女の作品はとても好きなのですが売れている作品はあまり好みでは無いような気がします。最近「模倣犯」が単子本になりましたが、映画の方が有名なのでしょうか?私は本を先に読んだので映画を見てかなりがっかりしました。長編作品を映画にするのは内容が薄っぺらになってしまうような感じがします。
「孤宿の人」ですが、この作品は賛否両論ありますよね。私は大泣きしましたけど・・・。生まれて初めて本を読んで大泣きしましたよ(>_<)

「孤宿の人(上/下)」

続きを読む»

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
プロフィール

nagisetu

Author:nagisetu
1日2冊を目標にお金が尽きるまで読書に励んでいます。

カテゴリー
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア
BLOG PARTS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。