スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000カウント!


おぉ!いつの間にか2000カウント超えていた!もう1つのブログ(日記)が主流になってきたので、こっちに目が行ってませんでした。改めて2000カウントありがとうございます。この前1000カウント超えたばかりなのに、最近アクセス数が増えて嬉しい限りです。上の画像は主人の宝物ガチャポンコレクションです。すべてガンダム・・・。夫婦で何やってんでしょうねー。ちびっこ達に混じってガチャポンしている主人がちょっと恥ずかしいです。でも私も男性に混じってプラモデル探してるのだからおあいこですね。ブログランキングに参加していますが、新しい記事が反映されなくて機能がよく分らないんですよねー。あんまり気にしてないんですけど、私のブログはあまり面白くないのでランキングも下位なんでしょうね。まあ、いっか。
スポンサーサイト

リンダ・ハワード 「マッケンジーの山」MIRA文庫

リンダの代表作品でもある「マッケンジーの山」この作品を手に入れることは不可能だと思っていた矢先に文庫化されたので大喜びした思い出があります。この作品の後に息子達の活躍を書いた本が4冊出ています。どれも素晴らしい作品ですね。

「マッケンジーの山」
Mackenzie's Mountain (Mira)
Mackenzie's Mountain (Mira)

第2作目「Mackenzie's Mission」→「熱い闇」
Mackenzie's Mission
Mackenzie's Mission

第3作目「Mackenzie's Pleasure 」→「愛は命がけ」
Mackenzie's Pleasure (Silhouette Intimate Moments, No 691)
Mackenzie's Pleasure (Silhouette Intimate Moments, No 691)

第4作目「A Game of Chance」→「危険な駆け引き」
A Game of Chance
A Game of Chance

「Mackenzie's Magic」→「マッケンジーの娘」

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

結城五郎 「哀しい罠」ハルキ文庫

主人の友人がこの出版社に勤めているので、お薦め作品を教えてもらうんですけど、新人の方の作品ってなかなか手が出ないので彼には感謝してます。
佐伯泰英を好きになったのも彼のお陰だったなー。ありがとうS君!

続きを読む»

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

シャロン・サラ 「スウィート・ベイビー」MIRA文庫

児童虐待をテーマにしたかなり重い作品。
彼女の作品はメッセージ性の高い作品ばかりです。
シャロン・サラのHPはこちら→http://www.romanceauthorspage.com/sharonsala/

「スウィート・ベイビー」
Sweet Baby
Sweet Baby

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

野村克也 「野村ノート」小学館

野球と言えば巨人の私ですが、最近の野球界はちっとも面白くない・・・。
松井がいた頃、ドームに試合を見に行きました。ちょうど阪神戦で、阪神が負けたんですよね。ドームの外で阪神のファンが「六甲~」の応援歌を大合唱して巨人ファンを威嚇?してました。

続きを読む»

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

江戸期の日本酒

250年前の日本酒再現、お薦めは「水割りで…」
江戸期のお酒を新潟の酒造会社が再現したそうです。日本酒大好き人間としてはかなり飲んでみたいお酒ですね。でも琥珀色した日本酒って・・・それも水割り!?
私の義父はよく各地のお酒をお土産に買って来てくれますが、私は熱燗が大好きでイイお酒を熱燗にするのはもったいないので常温で飲むか熱燗で飲むか悩みます。本当は2合200円くらいの日本酒が一番好きなんです。辛くて喉が熱くなるのが好きですね。お酒と言えばカクテルも好きです。ウォッカが好きで水割りで飲むのが好きです。ウォッカをオレンジジュースで割って飲んでいたのですが、面倒で水で割ったら美味しかったのでそれ以来やみつきになりました。最近、焼酎が流行っていますね。妹が旅行に行った時、薩摩焼酎を買ってきてくれましたが私はどうも焼酎を水で割るのは好きではないです。梅干入れたくなります。最後に焼酎に漬かった梅干を食べ干すのが楽しみで、焼酎飲むなら梅割です!それもトライアングルで・・・。
私は今年三十路を迎えますが、去年は20代最後の年と言うことで同級生の駆け込み結婚?多くてご祝儀もバカにならない位でした。もう半分ヤケクソで式そっちのけでお酒を飲みまくっていました。ビール・ワイン・日本酒とチャンポンもいいところです・・・。

趣味・・・く(*´ー`)

060220_1855~01001.jpg
ネタが尽きてきたので私のもう1つの趣味を披露?します。引かれるかもしれませんが、私はガンダムのプラモ作りが趣味です。昔からハーレーのプラモはよく作ってました。渋谷の東急ハンズに行ってはプラモを買って夜なべして作ってました。まさか自分がガンダムを作るとは思っていませんでしたが、主人の影響で嵌ってしまいました。数が増えすぎてガラスのケースを買ってリビングに飾ってありますが、友人が来るとちょっと引き気味になるので寝室に移動するか検討中です。でも、地震が怖いので寝室には何も置きたくないんですよねー。

リンダ・ハワード 「悲しみにさようなら」二見書房

リンダ作品の中で私のBEST1作品です。そしてBEST1ヒーローでもあります。リンダ作品を読んでいる方には何故?と思われるかもしれませんが、無口な男が好きなんです・・・。何度も読み返してしまいます(*´ー`)

「悲しみにさようなら」
Cry No More
Cry No More

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

シャロン・サラ 「スノー・バタフライ」MIRA文庫

シャロン・サラはダイナ・マコールと二つの名前を使った作品が数多くある作家さんです。彼女の作品の特徴は「愛と涙とサスペンス」だそうですが、内容的に重いテーマが多いです。でも私は彼女の作品を読むと最後は清々しい気持ちになります。ロマンスの方はあっさり目ですが心の絆がしっかり描かれているので物足りなさは感じません。

「スノー・バタフライ」
Butterfly (Mira)
Butterfly (Mira)

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

永遠のナギ節

管理人名でもあるnagisetu(ナギ節)分る人には分るお話です。ゲームが苦手でRPG以外のゲームは全く出来ません。今頃FFⅩやってます。クリア出来ません!オメガ遺跡で何回も即死してます。2時間のプレイを返せ!頭に来たのでそれ以来中断してます。なのでナギ節見れていないので頭の中でずっと「ナギ節見たい×10」が木霊していて咄嗟に管理人名を付けていました。主人も一緒にやっていますが、そろそろ抜かされそうです・・・。

宮部みゆき 「孤宿の人」新人物往来社

宮部みゆき作品は知人が全て持っていたので何ヶ月も掛けて読破しました。彼女の作品はとても好きなのですが売れている作品はあまり好みでは無いような気がします。最近「模倣犯」が単子本になりましたが、映画の方が有名なのでしょうか?私は本を先に読んだので映画を見てかなりがっかりしました。長編作品を映画にするのは内容が薄っぺらになってしまうような感じがします。
「孤宿の人」ですが、この作品は賛否両論ありますよね。私は大泣きしましたけど・・・。生まれて初めて本を読んで大泣きしましたよ(>_<)

「孤宿の人(上/下)」

続きを読む»

テーマ:歴史・時代小説 - ジャンル:本・雑誌

お勧めサイト情報

またまたお勧めサイトの紹介です。
このサイトは色々な診断テストがあり、自分の性格などをテストしてくれます。私は自分が男性型か女性型かを診断しました。結果は男性80%女性20%と男らしい男でした・・・。どういうこと!?ちなみに主人は男性70%女性30%でした。主人より男らしいということでしょうかね・・・。
面白いので覗いて見て下さい。
「ザ ダスト イン ザ ウェブ」
http://kiwi-us.com/~knp3/subindex.shtml?

お勧めサイト情報

「pato」さんという29歳の男性が悪徳業者や援助交際をする高校生と対決する「Numeri」というサイトがあります。本当に素人さん?本当の話?と思えるようなお話しがたくさんありますが、悪徳業者からの手紙やはがきも画像であるので本当のお話のようです。すごく面白くて大笑いしながら拝見しています。頼もしい男性なのに彼女いない暦が長いようで不思議ですが、「一人DEデート」と「一人DEクリスマス」など面白いネタがあります。

Numeri→http://www.numeri.jp/

お勧めサイト情報

お勧めサイト第2弾!時代小説が好きな方は1度は訪れたことがあるかもしれません。私もこちらのサイトは参考にしています。読書量が半端ではありませんし、更新も頻繁にされています。読む本が無くなった時、こちらで探すといいかもしれません。時代小説を読みたいけど何を読んだらいいか分らないという方、チャート方式でお好みの本を探せますよ。
「時代小説SHOW」
http://www.jidai-show.net/

ジュリー・ガーウッド 「魔性の女がほほえむとき」villagebooks

標的のミシェル」に登場したヒロインの兄ジョン・ポールが今回のヒーローとして登場しています。ところで前作、前々作で登場したノアがヒーローとして描かれるのはいつになるのでしょうか・・・。

Killjoy
Killjoy

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

リアルな江戸時代

江戸の街を体験してみたい方必見のサイトです。長屋の暮らし、江戸の街、湯屋など3Dでリアルに表現してあるのですが、時代劇などで見る江戸の街とは大違いです。興味のある方はぜひ見て来て下さい!
中村宣夫氏【Edo 江戸】
http://www.geocities.jp/yumetoikiru/edo/edo-1.html

ローリー・フォスター 「熱く危険な夜に」ハーレクイン文庫

ローリー・フォスターの新刊です。彼女の作品はかなり好きなのですが文庫化されていないので集めるのが大変です。

「熱く危険な夜に」

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

1000カウントありがとう!

ブログを初めて1ヶ月ちょっと・・・。いつの間にか1000カウントを超えていました。まあ、そのうち200位は自分で稼いでますけどね・・・w(:_;)w
最近ちらほらとコメントも頂いて嬉しい限りです。紹介していない本がかなりあります。読んでいない本もかなりあります。私には変なクセがあってロマンス小説を半分くらい読んだあと、時代小説を読み始め、また半分読んだら推理小説を読んで・・・と1度に3冊くらい同時に読みます。変ですよね?でも途中飽きるんです。同じ本を読んでいることが・・・。なので本の更新も遅いのでしょう・・・。同じようなクセのある方、コメントくださいませ。ところで、私の本棚を写メールで撮ってブログで紹介しようかと思ったのですが、なぜか画像が反映されない/(゜ё゜)\ ウーン。ちなみに本棚は180×120のかなりデカイ本棚ですが文庫本サイズで棚を合わせようとしたら合う穴がないので自分で穴を開けて作り直してしまいました。デジカメで撮ったら反映されるのかしら?でも面倒だなー。そのうち乗せます。その本棚はニッセンで1万しない値段で買いました。ニッセンは家具がお安いのでお勧めですよー。ただし自分で組み立てないといけないので自信が無い方はお止めになった方がいいです。私は主人と四苦八苦しながら作りました。広いスペースがないと作りにくいです。私は主人のトレーニングルームでベンチプレスに棚をぶつけながら作りましたよ・・・。

ジュリー・ガーウッド 「標的のミシェル」villagebooks

心うち砕かれて」で登場したニックの兄テオのお話です。兄のテオはやり手の検事ですが彼もまた燃え尽き症候群のようです。

「標的のミシェル」
Mercy
Mercy

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

ジュリー・ガーウッド 「心うち砕かれて」二見書房

ジュリー・ガーウッドはアメリカでは有名な作家さんなのに日本ではこの作品が初翻訳になるそうです。関連作品があと2冊出ていますが、二見書房ではなくヴィレッジブックスから出てるんですよね・・・。3作目が出てから1年以上が経っているのでそろそろ次回作が出るはず・・・。

Heartbreaker
Heartbreaker

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

疲れた体に効く本

私は酷い肩こりで半年に1度整体に通っていますが、肩こりが酷くなると頭痛が併発して薬を飲んでも効かない時があります。そこで主人が良くマッサージをしてくれます。強い薬を飲んでも治まらない痛みが嘘のようになくなるのが足ツボです。この本はいろいろな痛みをやわらげるツボがたくさん載っています。一人でも出来ますので、ぜひ参考にしてください。リンパマッサージの本は全身のリンパの流れを良くするマッサージの方法が載っています。これは不眠症にも効くんですよ!私はこのリンパマッサージをしてもらうと2分以内で寝ます・・・。ちなみに普段は30分以上掛かります。簡単で短時間で済みますので寝る前に疲れたご主人様や奥様にやってあげれば夫婦仲も円満!?

「足ツボ・リンパマッサージ」
「経絡リンパマッサージからだリセットBOOK」

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

ロマンス小説を読んで思うこと

「何か作ろうか?」絶対出てくるサンドイッチ。手の込んでいないものばかり・・・。朝はベーコン・マフィン・コーヒーお決まり3点セット。そんなんでいいのか?ヒーローは必ずマッチョなのにサンドイッチで食欲が満たされるのか疑問になります。料理の出来ないヒロインも多い!料理が出来ない嫁さんはいらない!というかヤダ!我ままですか?その点、時代小説は食欲を擽るものが多く出てきますよね。池波正太郎作品は読んでいるとお腹がグーグー鳴ります。魚嫌いな私でも「それ食べたい!」と思ってしまう描写は素晴らしい。それにしても海外作品はお粗末な食事が多いです。私はアメリカ生活無理です。日本人はやっぱり米ですねー。

ひろさちや 「しあわせになる禅」クレスト選書

仏教に興味がない方でも人生の指南書として読むといいと思います。禅語なんて難しいと思っている方も多いと思いますが、この本はやさしく書かれているので読みやすいと思います。ひろさちや氏の仏教の本は数多く出ていますがどれも読みやすいのでたくさん持っています。

続きを読む»

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

リンダ・ハワード 「心閉ざされて」二見書房

またまたリンダの作品。幼い頃に好きになった相手と再会して・・・というタイプの作品ですがこういう展開の作品は本当に好きです!特にこの作品はヒロインが健気でヒーローも頑固な人ではないので凄く好きな作品です。

「心閉ざされて」
Shades of Twilight
Shades of Twilight

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

高村薫 「李歐」講談社文庫

最近読んだ普通の?本です。ロマンスや時代物以外にも結構読んでいますが、こう言う作品はなかなか味があって良いです。

「李歐」

続きを読む»

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

3月の新刊情報

2月もまだ始まったばかりなのにもう来月の新刊情報が知りたくてウズウズしてました。今月は早い段階で新刊情報が出たのでお知らせします。興味のある方は続きをどうぞ!
ちなみに新刊情報のHPのアドレスを明記しておきましょう。
本やタウン http://www.honya-town.co.jp/hst/HT/index.html
大洋社 http://www.taiyosha.co.jp/

続きを読む»

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

リンダ・ハワード 「あの日を探して」二見書房

今日もリンダの紹介。この作品は私のベスト5に入るほど好きな作品です。色々考えてみると私は、幼い頃から好きでわけあって離れていて何年かあとに再会するっていうパターンのお話しが好きな傾向があるようです(笑)そしてこの作品もそのパターンですが、リンダ作品には珍しくヒロインは美人でフェロモンムンムンな女性です。

「あの日を探して」
After the Night
After the Night

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

リンダ・ハワード 「夜を忘れたい」二見書房

リンダ作品の中には特種能力を持つ女性が良く出てきますが、この作品も人の心を感知してしまう女性のお話です。ハーレクインではお馴染のリンダですが二見書房から出ている作品はどちらかと言うとサスペンス色が強い作品が多いです。

「夜を忘れたい」
Dream Man
Dream Man

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

山下景子 「美人の日本語」幻冬舎

一日一語、口にするだけで綺麗になる365の言葉。
時代小説を読んでいると難しい言葉や難解な言葉がよくあります。意味を知らずそのまま読んでいたりしましたが、この本を読んでなるほど・・・と思いましたよ。日本語は難しいけど楽しいし美しいと再認識させられるような本です。彼女のメルマガがあるそうなので興味のある方はどうぞ!
メルマガhttp://plaza.rakuten.co.jp/yumenokotonoha/

「美人の日本語」

続きを読む»

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

佐伯泰英 「雷鳴」講談社文庫

前作「変化」で予想もしなかった展開になり続きが気になっていました。今回の「雷鳴」は前作で取り逃がした遊女の瀬紫を追う旅に出ます。瀬紫という「悪女」が今後どのように藤之助と関っていくのか楽しみな作品です。

続きを読む»

テーマ:歴史小説 - ジャンル:本・雑誌

カレンダー
01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブログ内検索
プロフィール

nagisetu

Author:nagisetu
1日2冊を目標にお金が尽きるまで読書に励んでいます。

カテゴリー
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア
BLOG PARTS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。