スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュディス・ライアンズ 「天使の傷あと」ハーレクイン/N966

全く知らない作家さんなのですが、古本屋でこの作品を手に取った瞬間、読まねば!と思ってしまったのですよね。ジュディス・ライアンズの作品は、この他に3冊あるみたいですが、手に入れるのは難しそうですね。
ジュディス・ライアンズのHPはこちら→http://www.judithlyons.com/

Awakened by His Kiss (Silhouette Special Edition)
Awakened by  His Kiss (Silhouette Special Edition)

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:ハーレクイン - ジャンル:本・雑誌

マリーン・ラブレース 「ふたたびの切なさに」MIRA文庫

過ちは一度だけ」に続く、クレオ・ノース3部作の2作目が発売されました。来月には最終話「甘い銃弾は最後に」が発売される予定です。
マリーン・ラブレースのHPはこちら→http://www.merlinelovelace.com/

The Middle Sin (Cleo North Trilogy)
The Middle Sin (Cleo North Trilogy)

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

マロリー・ラッシュ 「楽園の闇に抱かれて」MIRA文庫

2001年にHQ・プレゼンツ・スペシャルから出版された「ラブ・プレイ」を改題して再販した作品になります。彼女の作品は、これまで2冊読みましたが、どちらも印象に残っていないですね。

「楽園の闇に抱かれて」 「ラブ・プレイ」
Love Play
Love Play

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

ダイナ・マコール 「完璧な嘘」MIRA文庫

みなさんもご存知の通り、ダイナ・マコールはシャロン・サラの別名義です。2つの名前を使う理由が未だに分からないのですが、本作品の訳者が言うには、ダイナ・マコールの方が激しくて深い・・・そうなんです。う~ん、そうかな~?と思ってしまう私でした(笑)

「完璧な嘘」
The Perfect Lie
The Perfect Lie

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

シャロン・サラ 「いにしえの呼び声」ハーレクイン/LS329

待ちに待ったシャロン・サラの新刊です。今月はMIRA文庫からもシャロンの別名であるダイナ・マコールの新作も発売されているので楽しみが倍増です。
シャロン・サラのHPはこちら→http://www.romanceauthorspage.com/sharonsala/

「いにしえの呼び声」
Rider on Fire (Silhouette Intimate Moments)
Rider on Fire (Silhouette Intimate Moments)

続きを読む»

テーマ:ハーレクイン - ジャンル:本・雑誌

ジュリア・クイン 「もう一度だけ円舞曲を」ラズベリーブックス

本作品は「ブリジャートン子爵家シリーズ」全8巻の第3作目にあたります。翻訳者のあとがきによると第3作目から読んでも何の支障も無いとありましたが、読者としては第1作目から読んでみたいものですね・・・。ちなみにこのシリーズは、子爵家の8人兄弟(長男のアンソニーを筆頭にアルファベット順の名前がついています)のロマンスとなっております。
著者のHPに行くと、ブリジャートン家の家系図がありますので、興味のある方は下記のアドレスからどうぞ!
ジュリア・クインのHPはこちら→http://www.juliaquinn.com/

An Offer from a Gentleman
第1作目「The Duke and I」→「恋のたくらみは公爵と」
※ダフネ(長女)とSimon Basset
The Duke and I (Avon Romantic Treasure)
第2作目「The Viscount Who Loved Me」→「不機嫌な子爵のみる夢は」
※アンソニー(長男)とKate Sheffield
The Viscount Who Loved Me
第4作目「Romancing Mister Bridgerton」
※コリン(3男)とペネロペ・フェザリントン
Romancing Mister Bridgerton (Avon Romance)
第5作目「To Sir Phillip, With Love」
※エロイーズ(次女)とSir Phillip Crane
To Sir Phillip, With Love
第6作目「When He Was Wicked」
※フランチェスカ(3女)とMichael Stirling
When He Was Wicked (Bridgerton Family Series)
第7作目「It’s In His Kiss」
※ヒヤシンス(4女)とGareth St. Clair
It's In His Kiss
第8作目「On the Way to the Wedding」
※グレゴリー(4男)とLucinda Abernathy
On the Way to the Wedding (Avon Historical Romance)

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

リン・グレアム 「誘惑という名の復讐」ハーレクイン/R2069

みなさんは、ダブリ本ってありますか?私は、かなりたくさんあります(汗)ちなみにこの作品は、3冊持っています(笑)何処へ行くにも探求本のリストを持ち歩かないとダメだと気付かされました(遅いって?)
リン・グレアムのHPはこちら→http://www.lynnegraham.com/

「誘惑という名の復讐」
Reluctant Mistress, Blackmailed Wife (Harlequin Presents)Reluctant Mistress, Blackmailed Wife (Modern Romance)

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

エリザベス・ローウェル 「黄金の眠る谷で」MIRA文庫

この作品は1992年にシルエット・ディザイアから出版された「大地に愛された男」を改題して再販された作品です。「冷たい雨のあとに」「荒野の風に吹かれて」のスピンオフになります。
エリザベス・ローウェルのHPはこちら→http://www.elizabethlowell.com/

「黄金の眠る谷で」
Granite Man
Elizabeth Lowell
1551660156

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

「ミステリマガジン」 早川書房

リンダ・フェアスタインの短編が載っているということで早速購入してみたのですが、ロマンス小説の特集記事が満載で、新刊情報なども掲載されていました。先日ご紹介した「美しい嘘」の著者であるリザ・ウンガーのメッセージ記事もあり、充実した内容になっております。「僅か6ページに凝縮されたロマサスの王道」という漫画が、かなり笑えて頭から離れなくなってしまいました。ぜひ、読んでみて下さい。
ミステリマガジン 2007年 07月号 [雑誌] ミステリマガジン 2007年 07月号 [雑誌]
(2007/05/25)
早川書房
この商品の詳細を見る

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

ケイ・フーパー 「ラプンツェルの秘密」扶桑社

ハヤカワ文庫の「シャドウ・ファイル」が非常に面白いと聞き、集めたのは良いけれど2巻だけが何処にもなくて、ずっと放置状態なんですよね。誰かダブリで持っていませんか?・・・と言うことで、ケイ・フーパーの作品を読むのは本作品が初めてということになります。とても楽しみにしていたのですが、300ページに満たない作品なのでガックリしてしまいました。
ケイ・フーパーのHPはこちら→http://www.kayhooper.com/

「ラプンツェルの秘密」
Golden Threads
Kay Hooper
0553805010

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

7月の新刊情報

7月の新刊情報をお届けします。
今回はシリーズ物の続編が多いですね。レベッカ・ヨークの新刊も楽しみですが、何と言ってもジュリー・ガーウッドの新刊が一番楽しみです。リサ・クレイパスの新刊がこんなにも早く出るなんて驚きです。
エリン・マッカーシーは、先月発売されたvillagebooksの短編集「キス・キス・キス」で「チョコレートが溶けるほど」を書いた作家さんです。

発売予定日:2007/6/29 ランダムハウス講談社
「魔の月に誘われて」 レベッカ・ヨーク

発売予定日:2007/6/29 ハーレクイン文庫
「伯爵と愛人」 トルーダ・テイラー
「道化師は恋の語りべ」 トーリ・フィリップス
「デイジー・メイ」 エマ・ダーシー
「愛は炎のように」 リン・グレアム
「水曜は秘密の香り」 ジョー・リー
「魔女に恋した夜は」 ノーラ・ロバーツ

発売予定日:2007/7/10 ライムブックス
「とまどい」 リサ・クレイパス
「そばにいるだけで」 エリン・マッカーシー

発売予定日:2007/7/10 ラズベリーブックス
「不名誉なキスは恋の罠」 エリザベス・ソーントン

発売予定日:2007/7/13 MIRA文庫
「奪われた女伯爵」 エレイン・コフマン
「見つめる瞳」 マーゴット・ダルトン
「炎をこえて」 リサ・ジャクソン
「甘い銃弾は最後に」 マリーン・ラブレース

発売予定日:2007/7/13 講談社文庫
「警視の週末」 デボラ・クロンビー

発売予定日:2007/7/20 villagebooks
「ハイランドの妖精に誓って」 カレン・マリー・モニング
「太陽に魅せられた花嫁」 ジュリー・ガーウッド
「瞳の奥のシークレット」 シェリリン・ケニョン
シェリリン・ケニョンは、ロマンス作家さんですか?パラノーマル(超常現象)を扱った作品も書いているみたいなんですよね。下記にHPのアドレスを載せておきますので英語が得意な方、ぜひとも見に行って教えて下さいな!
シェリリン・ケニョンのHPはこちら→
http://www.dailyinquisitor.com/sherrilyn/

発売予定日:2007/7/下旬 扶桑社
「Full Tilt」 ジャネット・イヴァノヴィッチ
この作品は2004年に発売された「気分はフルハウス」の続編になります。「The Full Series」として現在6作品が出版されています。著者のHPはこちら→http://www.evanovich.com/

発売予定日:2007/7/下旬 二見書房
「BEYOND EDEN」 キャサリン・コールター

スーザン・ブロックマン 「シャンパンとまわり道」ランダムハウス講談社

本作品は、1997年にLovesweptのメールオーダーカタログの購買者向けのプレゼントとして200部だけ出版されたものだったので、オークションでは1000ドル以上の高値が付いたそうです。300ページほどの薄い作品に10万以上の金額を出すなんて信じられないのですが、好きな人にとっては10万だしても惜しくないと思ってしまうのでしょうね。
スーザン・ブロックマンのHPはこちら→http://www.suzannebrockmann.com/

Ladies' Man
Ladies' Man

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

ジェニファー・ブレイク 「気高き剣士の誓い」villagebooks

ジェニファー・ブレイクは、ヒストリカルロマンスを数多く出している作家さんですが、翻訳されている作品は2冊しかないみたいです。この作品は「MASTERS AT ARMS SERIES」として現在、3作品が出版されています。来年の1月には4作品目となる「GUARDED HEART」が発売される予定です。
ジェニファー・ブレイクのHPはこちら→http://www.jenniferblake.com/

Challenge To Honor (Mira)
Challenge To Honor (Mira)
第2作目「DAWN ENCOUNTER」
Dawn Encounter (Mira Historical Romance)
第3作目「ROGUE'S SALUTE」
Rogue's Salute

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール

nagisetu

Author:nagisetu
1日2冊を目標にお金が尽きるまで読書に励んでいます。

カテゴリー
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア
BLOG PARTS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。