スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュディス・マクノート 「夜は何をささやく」新潮文庫

「パラダイスを君に」「いつの日にか君と」の関連作品となります。前作がとっても良かったので、未読だったこの作品を早速読んでみました。6年前に翻訳された作品なので「パラダイスを君に」よりも古い作品だと思っていたのですが、実際は「いつの日にか君と」から5年後のお話でした!ちなみにこの作品は絶版されているので古書でしか手に入らないと思いますが、先ほどアマゾンで見たところ最安値が1500円でしたよ!(≧ロ≦)
翻訳順序がバラバラでしたので読む際は下記を参考にして下さい。
ジュディス・マクノートのHP①はこちら→http://www.judithmcnaught.com/
ジュディス・マクノートのHP②はこちら→http://www.mcnaughtized.com/
夜は何をささやく ジュディス・マクノート
Night Whispers
Judith McNaught
0671525743

第1作目「Paradise」→「パラダイスを君に」villagebook
Paradise
Judith McNaught
0671776800
 
第2作目「Perfect」→「いつの日にか君と」villagebook
Perfect
Judith McNaught
0671795538
 
第3作目「Night Whispers」→「夜は何をささやく」新潮文庫

第4作目「Every Breath You Take」→未訳
Every Breath You Take (Ballantine Books)
Judith McNaught
0345479912

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

ジュディス・マクノート 「いつの日にか君と」villagebooks

本作品は、「パラダイスを君に」の関連作品で前作のヒーローだったマット・ファレルの親友で元俳優兼監督のザック・ベネディクトがヒーローとして登場します。「パラダイスを君に」を読んでいない方は、ぜひこちらから読んで頂きたい!と言うか、私自身も未読の山に詰まれていた前作を読まずに、本作品から読み始めたのですが、気付いた時には既に遅しで、「しまった!」と叫んでしまいました。本来なら訳者あとがきを読んでから本編を読み始めるのですが、今回だけは見逃したのですよね・・・。トホホ(泣)
でも、これから読み始める方にご注意願いたいのは「訳者あとがき」を読まないで欲しいのです。ご丁寧なことに、少々ネタバレしている箇所があるので、何も知らずに読んだ方が倍楽しめます。
ジュディス・マクノートのHP①はこちら→http://www.judithmcnaught.com/
ジュディス・マクノートのHP②はこちら→http://www.mcnaughtized.com/
いつの日にか君と(上) ジュディス・マクノート
いつの日にか君と(下) ジュディス・マクノート
Perfect
Judith McNaught
067179552X0671795538

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

キャサリン・コールター 「エデンの彼方に」二見書房

「FBIシリーズ」でお馴染みのキャサリン・コールターのコンテポラリーをご紹介します。内容が内容だけに少々敬遠していたのですが、お薦めを頂いたので週末に読んでみました。ところで「FBIシリーズ」の第1作目「The Cove」が近々翻訳されるそうです。私の記憶が確かなら、サビッチとシャーロックがクワンティコで初めて出会ったシーンが第1作目にあるはずなんですけど・・・。勘違いですかね??
キャサリン・コールターのHPはこちら→http://www.catherinecoulter.com/

Beyond Eden (Onyx)
Beyond Eden (Onyx)

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

スーザン・アンダーセン 「スウィートハートは甘くない」ラズベリーブックス

「The Marine Series」(海兵隊3部作)の第1作目となります。あとがきには3部作とありましたが、アンダーセンのHPを見る限り4作目もあるみたいですよ。
スーザン・アンダーセンのHPはこちら→http://www.susanandersen.com/
スウィートハートは甘くない スーザン・アンダーセン
Head over Heels (Avon Light Contemporary Romances)
Head over Heels (Avon Light Contemporary Romances)
第2作目「Getting Lucky」
Getting Lucky (Avon Light Contemporary Romances)
第3作目「Hot & Bothered」
Hot & Bothered (Mira)
第4作目「Coming Undone」
Coming Undone

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

ローリ・フォスター 「いつも二人で」ライムブックス

この作品は2003年~2005年の間に発売された4作品「MY HOUSSE,MY RULES」「BRINGING UP BABY」「GOOD WITH HIS HANDS」「ONCE IN A BLUE MOON」を1冊にまとめた連作短編集です。最初の3作品は、「バット・ボーイズ」シリーズの「ワトソン・ブラザーズ」という3作品で最後の作品は「スター・クオリティ」と題された「月」をテーマに書かれたアンソロジーになります。
ローリ・フォスターのHPはこちら→http://www.lorifoster.com/
いつも二人で ローリ・フォスター
「MY HOUSSE,MY RULES」が収録されている作品はこちら↓
Bad Boys on Board
Lori Foster Donna Kauffman Nancy Warren
0758204280

「BRINGING UP BABY」が収録されている作品はこちら↓
Bad Boys To Go
Lori Foster Janelle Denison Nancy Warren
075820552X

「GOOD WITH HIS HANDS」が収録されている作品はこちら↓
Bad Boys in Black Tie
Lori Foster Erin McCarthy Morgan Leigh
0758207743

「ONCE IN A BLUE MOON」が収録されている作品はこちら↓
Star Quality
Lori Foster Lucy Monroe Dianne Castell
0758210043

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

スーザン・フォックス 「黒い羊」ハーレクイン文庫

1990年にHQイマージュから発売された再販ものになります。「春はめぐり来る」もそうでしたが、今回も濡れ衣ものみたいです。
黒い羊 スーザン・フォックス
The Black Sheep (Harlequin Romance, No 2930)
Susan Fox
0373029306

続きを読む»

テーマ:ハーレクイン - ジャンル:本・雑誌

マーゴット・ダルトン 「見つめる瞳」MIRA文庫

惑わされた女」に続く、ジャッキー・カミンスキーシリーズの第2作目になります。「惑わされた女」がとても面白かったので2作目が出るのを心待ちにしておりました。3作目も間を開けずに翻訳して欲しいです!

「見つめる瞳」
Second Thoughts
Second Thoughts

続きを読む»

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

9月の新刊情報

9月の新刊情報をお届けします。
来月は大好きな作家さんばかり発売されるので大変嬉しいです!その中でも文春文庫から出るテス・ジェリッツェンは、文春文庫なだけあって当分は出ないだろう・・・と半ば諦めておりましたが、思わぬ翻訳スピードにちょっとビックリしております。ハヤカワから出るカレン・ローズの作品は「NOTHING TO FEAR」が原書になります。「誰かに見られてる」の続編は、いつ出るのでしょうね。他の作品も色々コメントしたいのですが、長くなりそうなのでこの辺で止めておきます。

発売予定日:2007/8/31 ランダムハウス講談社
「初恋は秘めやかに」 ダイアナ・パーマー

発売予定日:2007/9/1 ハーレクイン文庫
「後悔と真実」 ニコラ・コーニック
「独立軍の花嫁」 パトリシア・ポッター
「落葉の歌」 ペニー・ジョーダン
「心にささやいて」 シャーロット・ラム
「傷を負った天使」 クリスティ・ゴールド
「奪われた花婿」 ヘザー・マカリスター

発売予定日:2007/9/4 文春文庫
「聖なる罪びと」 テス・ジェリッツェン

発売予定日:2007/9/10 ラズベリーブックス
「偽りの婚約者に口づけを」 エマ・ホリー

発売予定日:2007/9/10 ライムブックス
「純白の似合う季節に」 コニー・ブロックウェイ

発売予定日:2007/9/15 MIRA文庫
「この賭の行方」 スーザン・アンダーセン
「シャーブルックの花嫁」 キャサリン・コールター
「美しい標的」 リンダ・ハワード
「月の光を抱いて」 デビー・マッコーマー
「甘美すぎた誘惑」 ビバリー・バートン

発売予定日:2007/9/7 ハヤカワ文庫SF
「緑の瞳のアマリリス」 ジェイン・アン・クレンツ

発売予定日:2007/9/20 villagebooks
「真夜中まで待って」 アマンダ・クイック
THE NIGHT BEFORE(仮)→アトロポスの女神に召されて リサ・ジャクソン

発売予定日:2007/9/20 集英社文庫
「嘘つき男の処方箋」 ジェニファー・クルージー

発売予定日:2007/9/26 二見書房
FADE TO RED(仮)」→もう一度だけ熱いキスを リンダ・カスティロ
HOT NIGHT(仮)→夜の扉をシャノン・マッケナ
「The Venus Fix(ヴィーナスの償い)」 M.J.ローズ

発売予定日:2007/9/21 ハヤカワ・ミステリ文庫
「復讐の瞳」 カレン・ローズ

発売予定日:2007/9/下旬 扶桑社ロマンス
「Family Tree (仮)上・下」 バーバラ・デリンスキー

ノーラ・ロバーツ 「魔女に恋した夜は」ハーレクイン文庫

1984年にシルエット・スペシャル・エディションから出版された「ドノバン一族は魔法使いシリーズ」の再販ものになります。このシリーズは魔女や妖精の血を引く3人の従兄妹のお話「魔女に恋した夜は」(初版N-515)「女神のTシャツ」(初版N-519)「月明かりの恋人たち」(初版N-523)と、一族の次期族長リーアムをヒーローとした「魅せられた二人」(初版N-872)の4作品となります。いつ何処で入手したのか分からないのですが、「魅せられた二人」だけは持っていたのですよね・・・。1作目が再販されたので2作目も再販されると思いますが、間を開けずに再販して欲しいです!
ノーラ・ロバーツのHPはこちら→http://www.noraroberts.com/

「魔女に恋した夜は」
Captivated (Silhouette Single Title)
Captivated (Silhouette Single Title)
★おまけ★
ノーラ・ロバーツのHPで使われている模様はケルト模様だと思うのですが・・・。ケルト文化に興味があった頃に読んだ本の中に、同じような図案があったような気がします。ところで、面白いHPを見つけました。魔術の道具やアクセサリーを扱ったネットショップなのですが、私が一番興味を持ったのが、「ケルティック・ペンダント」です。その名の通り、ケルト文化を反映したペンダントですが、複雑な十字架や模様は一見の価値有りだと思います。興味のある方は下記のHPに行ってみてください。
「魔術堂」→http://www.majyutsudo.jp/index.html

続きを読む»

テーマ:ハーレクイン - ジャンル:本・雑誌

カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
プロフィール

nagisetu

Author:nagisetu
1日2冊を目標にお金が尽きるまで読書に励んでいます。

カテゴリー
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア
BLOG PARTS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。