スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンドラ・ブラウン 「熱き夜の香りに」集英社文庫

この作品は全米で100万部を超える大ベストセラーになったそうです。
わりと薄い本なので短時間で読めました。

「熱き夜の香りに」
Fanta C
Fanta C
ホテルでブティックの経営をしているエリザベスは2年前に最愛の夫を亡くし幼い子供を2人育てていた。女としての人生を考えずひたすら仕事と子供の世話に追われる毎日を送る彼女に、妹のリラは心配していた。そんな彼女の前に現れた二人の男性。1人はホテルのオーナー、アダム・カヴァーノ。もう一人はエリザベスの隣の家へと越してきた建設会社を経営しているタッド・ランドルフ。エリザベスの心は激しく熱く揺れ始める。

2年前に夫を亡くし、妄想の世界に生きるエリザベスはリラに進められ、妄想の世界を物語として書き出版社に送ります。エリザベスは慎み深い女性で男性と深く付き合うタイプではないので子供たちがタッドの家に出入りするのも気が引けてしまいます。中々自分の気持ちを認めようとはせずタッドを避けたりもしますが、惹かれる心を無視することは出来ません。そしてタッドも彼女がアダムと食事に出掛けたりするのを嫉妬して、しまいには強引とも言える行動に出てしまいます。彼女が書いた小説が後々になってタッドとの仲に亀裂が入りますが、それは読んでのお楽しみです。ちなみに妹のリラの物語「愛ゆえに哀しくて」があるので、その後紹介は次回にしたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
プロフィール

nagisetu

Author:nagisetu
1日2冊を目標にお金が尽きるまで読書に励んでいます。

カテゴリー
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア
BLOG PARTS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。