スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の新刊

お気に入りの作家さんで新刊が出たら必ず買うのですが毎月何冊も新刊を買っていると結構お金が掛かります。佐伯泰英は毎月何らかのシリーズが発売されるので苦しいけど嬉しいですね。これから買う予定の本をまとめてみました。海外物多いなー。海外物って値段が高いのは翻訳料が入っているからでしょうか?
発売予定日:2006年01月12日光文社
「役者狩り」佐伯泰英(著)

発売予定日:2006年01月15日MIRA文庫
「ダンカンの花嫁」リンダ・ハワード(著)
“花嫁募集―東宝、健康な牧場経営者。子ども好きの地道な女性求む”ある地方紙の募集広告にマデリンはたちまち興味を持った。広告から読み取れるのは、この男が子供を産む道具と働き手を兼ねた妻を求めていることだけ。呆れるほど正直なその文面に、彼女は怒るよりも清々しさを覚えた。いったい、どんな男なのだろう?優雅な都会生活にうんざりしていたまでリンはミスター・ダンカンの待つモンタナへと旅立った。小さな冒険に胸をときめかせながら。

発売予定日:2006年01月20日ヴィレッジブックス
「ユダの銀貨が輝く夜イヴ&ローク11」J・D・ロブ(著)

発売予定日:2006年01月20日ハーレクイン
「遠い昔のあの声に3<薔薇の名残>」ノーラ・ロバーツ(著)
どんな女性に言い寄られても振り向かない── デヴィンの心はある一人の女性のものだった。十代の頃から思いつづけた彼女の名はキャシー。二人も子供をもうけながら いまだに少女のように華奢で無垢なひとだ。彼女は妻に暴力をふるい放題だった夫と別れ、デヴィンの兄が始めたホテルで働いている。前夫のジョーは現在服役中の身の上。デヴィンは今度こそキャシーの愛を勝ち得る決意だ。そして彼女と結婚したい。だが、ジョーの今後の動き、父親という存在に恐怖心を持つ子供たち、キャシーにしても結婚など少しも望んでいない……。

発売予定日:2006年01月25日二見書房
「死角」 キャサリン・コールター(著)/林 啓恵(訳)/
数学教師を狙った連続殺人の捜査中に、旧友の息子が誘拐されたとの報せが…夫婦FBI捜査官の活躍を描くシリーズ第4弾!

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
プロフィール

nagisetu

Author:nagisetu
1日2冊を目標にお金が尽きるまで読書に励んでいます。

カテゴリー
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア
BLOG PARTS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。