スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐伯泰英 「下駄貫の死」ハルキ文庫

鎌倉河岸捕物控シリーズ第7作目「下駄貫の死」です。衝撃的なタイトル!
松坂屋の隠居・松六夫婦たちが湯治旅で上州伊香保へ出立することになった。一行の見送りに戸田川の渡しへ向かった金座裏の宗五郎と手先の政次・亮吉らだったが、そこで暴漢たちに追われた女が刺し殺されるという事件に遭遇する……。金座裏の十代目を政次に継がせようという動きの中、功を焦った手先の下駄貫を凶刃が襲う! 悲しみに包まれた鎌倉河岸に振るわれる、宗五郎の怒りの十手――新展開を見せはじめる好評シリーズ第七弾。

どうして先の分かる表題にしたのか疑問ですが、ショックでした。政次の辛さがヒシヒシと伝わって来ました。そんな時しほが心の支えになっていたのが良かったですね。後継者としてお披露目が出来て一安心でした。

スポンサーサイト

テーマ:お気に入りの作家 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
プロフィール

nagisetu

Author:nagisetu
1日2冊を目標にお金が尽きるまで読書に励んでいます。

カテゴリー
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア
BLOG PARTS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。