スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリザベス・ローウェル 「荒野の風に吹かれて」MIRA文庫

この作品は1992年に出版された「荒野に生きる男」を改題して再販された作品です。そして「冷たい雨のあとに」のスピンオフになります。

「荒野の風に吹かれて」
Outlaw
Elizabeth Lowell
155166559X
考古学者で画家のダイアナ・サンクソンは教え子のカーラ・マッケンジーから遺跡の調査を依頼されコロラドのロッキング・M牧場へやって来たが、牧場で働くカウボーイ達の乱闘を見てしまい、恐怖で足が竦んでしまう。ダイアナはある理由から男性恐怖症に陥り、特に大柄な男性が苦手だった。到着早々、男たちの粗野な態度を目撃しロッキング・M牧場へ来たことを後悔したが、アナサジ族の文化を肌で感じたいと言う強烈な要求に逆らえず男たちとは距離を置きながら牧場で過ごすことにした。牧童頭のテネシー(テン)は、馬にムチを振るうカウボーイをぶちのめした姿をダイアナに見られて以来、彼女に怖がられていることを感じていたが、盗掘者たちからダイアナを守るためボディーガードとして発掘調査に同行する。ダイアナはテンを警戒しながらも、たびたび見せる優しさに、いつしか心を開き惹かれるようになるが男性恐怖症は依然としてダイアナの心に染み付いていた。ダイアナに惹かれていたテンは、そんな彼女の恐怖を取り除こうと少しずつ距離を縮めて行くが・・・。

ヒロインが男性恐怖症になってしまった理由が理解出来るような出来ないような微妙な感じでした。ヒーローも離婚歴があって自分は結婚には向かないと思っているのですが、それも理解出来るような出来ないような微妙な感じでした。物語は古民族の文化を中心に進むのですが、日本人の私にはあまり興味が無い内容だったので、ロマンスの方も気が入らなくて盛り上がりに欠ける作品だったように思えます。前回の「冷たい雨のあとに」の方が面白かったな・・・。
スポンサーサイト

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
プロフィール

nagisetu

Author:nagisetu
1日2冊を目標にお金が尽きるまで読書に励んでいます。

カテゴリー
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア
BLOG PARTS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。