スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロビン・バーセル 「霧に濡れた死者たち」villagebooks

ロビン・バーセルは、1995年に警察官を主人公にしたロマンス「When Midnight Comes」でデビューし、2000年にケイト・ギレスピーを主人公にしたシリーズ1作目となる本作品を発表しました。本作品は<バリー賞最優秀ペーパーバック賞>を受賞し、2作目の「Fatal Truth」と3作目「Deadly Legacy」は<アンソニー賞ペーパーバック賞>を受賞し、第4作目の「Cold Case」は<マカヴィティ賞長篇賞>にノミネートされるという、数々の賞を受賞しているシリーズとなります。やはり現役の警察官(現在は専業作家)が書いたミステリと言うのは、真に迫っていて現実味があるということなんでしょうね。
ロビン・バーセルのHPはこちら→http://www.robinburcell.com/

「霧に濡れた死者たち」
Every Move She Makes
Robin Burcell
006101432X

第2作目「Fatal Truth」
Fatal Truth
Robin Burcell
0061061239

第3作目「Deadly Legacy」
Deadly Legacy
Robin Burcell
0061057878

第4作目「Cold Case」
Cold Case
Robin Burcell
0061053775
サンフランシスコ市内の借り手のいない倉庫で、冷蔵庫に遺棄された凍死体が発見され、サンフランシスコ市警の殺人課刑事、ケイト・ギレスビーは、パートナーのサム・スコラーリと供に捜査に当るがその直後、検死を担当した検死官でスコラーリの妻でもあるパトリシアが何者かによって喉を切り裂かれて殺害されているのを車の中で発見される。事件前後に消息を絶ったスコラーリに疑惑の目が向けられるが、血の付いた彼の指紋が現場から見付かり、しかも夫婦の間には離婚話が進んでいる最中だっため、第一容疑者として容疑を掛けられる。その頃、市内では同様の手口の連続殺人事件が発生しており、妻殺害の容疑だけではなく連続殺人犯としても警察に追われるようになってしまう。信頼出来るパートナーとは言い難い仲だったが、スコラーリの犯行だと俄に信じられなかったケイトは、スコラーリを追うIA(業務管理課)の警部補マイク・トランスの目を掻い潜りながら独自に捜査をし始める。

現役の警察官が書いたミステリだけあって、読み応えのある作品でした。市警初の女性の殺人課刑事になったヒロインは、同僚からの妬みや陰口に耐えながら、そして少しでも弱みを見せれば「女だから・・・」と見下されてしまう、そんな男性社会の組織の中で、肩肘を張らず焦ることも無く自分のペースで捜査を進めて行く様子に拍手でした。パートナーでさえも、ヒロインを心から信頼していないのに、自分の直感を信じてパートナーの無実を晴らそうとするヒロインに男気?を感じましたね。警察内部の状況や捜査の進め方などは、さすがにリアルで緊迫感がありました。ミステリの方ですが、全体的に詰め込み過ぎて焦点が定まらないと言った感じも受けましたが、今後の展開が気になるシリーズだと思います。ロマンスの方は、警部補のヒーローとは、同じ刑事という職業や刑事たちの敵とも言える内部監査の立場にいるので、惹かれ合っているのに、なかなか発展していかないのです。今後2人の仲がどうなってしまうのか気になるところです。3年前に発売された4冊目以降、続編が出ていないので翻訳ペースが落ちてしまうのではないかと少々不安ではありますが、次作が楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

置いておくかどうかは2作目次第

こんにちは~。
この作品、無茶苦茶面白いわけでは無いけれど、次作を読みたいって気にさせる作品ですよね。
最近の作品の中では良くできてると思いました。
設定がしっかりしていて、文体も読みやすい。
ロマンスも控えめながら、どうなるの~?何か良い感じだ~って思わせる。
なので、読んだ後も大事に保存してます。評価は2作目次第って感じですね。

れもんねこさん、今晩は。
2作目読みたいですね。色々なサイトを探索したのですが、2作目以降は1作目のような詰め込みすぎ、意気込み過ぎというのがなくなるそうなんです。なので2作目が楽しみです。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
プロフィール

nagisetu

Author:nagisetu
1日2冊を目標にお金が尽きるまで読書に励んでいます。

カテゴリー
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア
BLOG PARTS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。