スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の新刊情報

5月発売の新刊情報をお届けします。
全ての出版社が出そろいましたので、<先行発信>は削除しました。ちなみに追加した分は青字にしてありますので、リスト作りに役立てて下さいね!
5月はHQで活躍している作家さんが他の出版社から続々と出ますが、villagebooksからHQヒストリカルでお馴染みのステファニー・ローレンスの作品が翻訳されるようですね。楽しみです。
さてさて、やっとリサ・マリー・ライスの新刊が出ますね!発売と同時に読むのは彼女の作品くらいです(笑)

発売予定日:2008/5/1 ぶんか社 フローラブックス
「あなたの牙に首ったけ」 キャシー・ラブ

発売予定日:2008/5/1 ランダムハウス講談社
「悪党紳士のマイ・フェア・レディ」 ダイアナ・パーマー

発売予定日:2008/5/1 ハーレクイン文庫
「愛は遠いあの日から」 シャロン・サラ
「君は僕を愛してる」 ローリー・フォスター
「ガラスの家」 ミシェル・リード
「ダイヤモンド・ガール」 ダイアナ・パーマー
「赤毛の公爵夫人」 ジョージーナ・デボン
「囚われの恋」 スザーン・バークレー

発売予定日:2008/5/9 ライムブックス
「世界の果てまできみと一緒に(仮)」 ローリ・ワイルド
「あの夏の湖で(仮)」 レイチェル・ギブソン

発売予定日:2008/5/10 ラズベリーブックス
「シャンパン・ロマンティック」 スーザン・マレリー

発売予定日:2008/5/15 ハーレクインSP文庫
「砂漠で見つけた愛」 サンドラ・マートン

発売予定日:2008/5/15 MIRA文庫
「ハッピーエンドのその先に(旧タイトル:シンデレラになれない)」 ジェニファー・クルージー
「キスで終わる夜明け(旧タイトル:ナイト・シールド)」 ノーラ・ロバーツ
「氷のハートが燃えるまで」 スーザン・アンダーセン
「月夜に咲く孤独」 ジェイン・A・クレンツ
「南の島の花嫁」 キャサリン・コールター

発売予定日:2008/5/16 ソフトバンク文庫
「理想の花嫁」 サマンサ・ジェイムズ
「情熱の密林」 シンディ・ジェラード

発売予定日:2008/5/20 villagebooks
「この身を悪魔に捧げて(上/下)」 ステファニー・ローレンス
「アウトランダー14 燃ゆる十字架のもとに(2)」 ダイアナ・ガバルドン
「アニタ・ブレイク・シリーズ 異形の求愛者」 ローレル・K・ハミルトン


発売予定日:2008/5/20 集英社文庫
「ミネアポリス警察署殺人課シリーズ 闇に浮かぶ牛」 P・J・トレーシー


発売予定日:2008/5/21 二見書房
「いつまでもこの夜を」 ルーシー・モンロー
「愛といつわりの誓い」 トレイシー・アン・ウォレン

発売予定日:2008/5/25 ハヤカワ・ミステリ文庫
「遺伝子捜査官アレックス 殺意の連鎖」 ローリー・アンドリューズ

発売予定日:2008/5/30 扶桑社ロマンス
「Woman on the Run(原題)」「闇を駆けぬけて」 リサ・マリー・ライス
「光の輪トリロジー③ 王女と闇の王子」 ノーラ・ロバーツ

発売予定日:2008/5/1 角川ビーンズ文庫
「彩雲国物語 黎明に琥珀はきらめく」 雪乃紗衣

発売予定日:2008/5/15 ハルキ文庫
「鎌倉河岸捕物控 冬の蜉蝣」 佐伯泰英
スポンサーサイト

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは~。5月はHQ文庫、名作揃いですね。残念なことに全て持ってる本でした。
ランダムのダイアナ、楽しみなような恐いような。この所ハズレが多いので。
3月のMIRAのカーラ・ネガーズ「川面に~」は人気はあまり無いようですが、このシリーズでは一番おすすめでした。(この作品だけはと言うべきかな・・?)ストーリー展開がシャロン・サラの感じでしたが。

れもんねこさん、今晩は~。
HQ文庫の他にHQSP文庫というのも出るみたいですね。
HQ文庫は最近買わなくなってしまったのですが、ダイアナ作品は購入予定です。
コミックでは読んだことがあるのですが、原作は読んでいない(持っていない)ので、楽しみです。
カーラ・ネガーズは最初に読んだ作品があまり面白くなかったので、購入本には入っていません。
ハヤカワから出る「遺伝子捜査官~」というのがスッゴク気になるんですよね。面白いのかしら?
3月は2冊しかご紹介出来なかったので、4月は頑張りますよ(…たぶん)
4月発売の作品で面白いものがあったら教えて下さいね!
宜しくお願いいたします!

こんにちは~
もう5月刊なのですね(しみじみ)
新刊にすっかり縁がなくなっているのですが、今回MIRA文庫のジェニファー・クルージーは、彼女の初期本で唯一持ってないものだったので、こちらで知ることができてラッキーでした。
旧タイトルの「シンデレラに~」のスピンオフがHA-6「レディの願い」だと知った時には、もう手に入らないとあきらめていたので、この再販は久々に嬉しいです。
ランダムハウス講談社のダイアナ・パーマーは、出版の流れとタイトルから推測して一連のヒストリカル・シリーズの "Noelle"ではないかと思っているのですが、それにしても邦題がすごいですね。

prueさん、今晩は~。
そうなんですよね~もう、5月の新刊情報が出たのですよね。昨年の連休は、古書を探す旅に出た記憶がありますよ(笑)
ジェニファー・クルージーの作品を初めて読んだのが「レディの願い」だったのですが、私的にはツボにはまる要素が少なくて、彼女の作品を集めてはいるものの手をつけていない状態なんですよね。初期本が再販されて良かったですね。
ダイアナの作品は全く凄いタイトルですよね。ランダムハウス講談社の表紙は、他出版社に無い個性的で綺麗な表紙ですよね。お決まりのように女性の写真を載せるだけの出版社には個性が感じられません。別に女性の写真でなくてもいいのに…と思ってしまいます。

ヴィレッジからいよいよS・ローレンス登場ですね。待ちかねたTHE CYNSTERシリーズ一作目の「DEVIL'S BRIDE」
かな?彼女のこのシリーズは面白いと評判だったのですが、HQではなかったので(当時はロマンス本出版が少なかったから)あきらめて原書買いしたんですよ。でも未読なんですよね。きっと邦訳されると期待して。
待ち遠しくて眠れないくらい楽しみですv-16

れもんねこさん、今晩は~。
「悪魔」とつく作品は、その作品だけみたいなのでビンゴかもしれませんね。そう言えば、以前このシリーズを読みたいと仰っていましたよね!
翻訳されて良かったですね。1998年に出版されたそうですから、翻訳されるまで10年も掛ったということですか!?出版社がどんな基準で選んでいるかは分かりませんが、面白いと評される作品は、どんどん翻訳して欲しいものです。

5月はリサ・マリー・ライスはもちろん、後多分3部作の三番目になるルーシー・モンローとノーラ・ロバーツを買う予定してます。実は今ノーラ・ロバーツの『光の輪トリロジー』と格闘?しています。バンパイヤに魔法……面白くないわけでもないのですが、夢中で一気にというわけでもないです。ただ、いつもノーラ・ロバーツのトリロジーの二番目が気に入るのに、ちょっと三番目が待ち遠しい。バンパイヤのロマンスはどうなって、時空を超えたカップルがハッピーエンドになるのか、楽しみにしています。

haohao-kさん、今晩は~。
ノーラの続きものですが、私も粗筋に惹かれて珍しく新刊買いしました。と言うのも、ノーラの扶桑社作品って、すぐに古本落ちするのですよね。
ふと思ったのですが、ノーラ作品のヒロインで魅力的だな~好きなタイプの女性だな~と思ったのは極少数かも…。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
プロフィール

nagisetu

Author:nagisetu
1日2冊を目標にお金が尽きるまで読書に励んでいます。

カテゴリー
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア
BLOG PARTS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。