スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月の新刊情報

10月の新刊情報をお知らせします。
新刊情報をお知らせするだけのブログになりつつありますが、みなさんお元気ですか?(笑)
今月は一冊でもレビュー出来れば…と思っておりますので、気が向いた時にでも覗いて見て下さいね~。

発売予定日:2008/10/1 ハーレクイン文庫
「王族の娘」 シャーリー・アントン
「レディの真実」 ジョアンナ・メイトランド
「輝ける秋」 キャサリン・クランマー
「情熱は罪」 ペニー・ジョーダン
「一年だけの花嫁」 ジョーン・ジョンストン
「大空の花嫁たち」 クリスティン・リマー他

発売予定日:2008/10/3 ゴマ文庫
「瞳…閉ざされて(上/下)」 アリスン・ブレナン

発売予定日:2008/10/4 フローラブックス
「あなたの牙をひとりじめ」 キャシー・ラヴ

発売予定日:2008/10/10 ランダムハウス講談社
「T-FLACエッジ家の呪い 運命の首飾りに導かれ」 チェリー・アデア
「伯爵の結婚までの十二の難業」 ヴィクトリア・アレクサンダー

発売予定日:2008/10/10 ラズベリーブックス
「シークレット・ロマンティック」 スーザン・マレリー

発売予定日:2008/10/10 ライムブックス
「白い吐息のむこうに」 アンドレア・ケイン
「たくらみは二人だけの秘密」 ジュディス・アイボリー

発売予定日:2008/10/15 MIRA文庫
「記憶をベッドに閉じこめて」 M・J・ローズ
「憂鬱の城と麗しの花」 クリスティーナ・ドット
「明日、天使の住む街で」 ジョアン・ロス
「哀しい嘘」 スーザン・ブロックマン
「時のない楽園」 エリザベス・ローウェル

発売予定日:2008/10/17 ソフトバンク文庫
「モーターマウスにご用心」 ジャネット・イヴァノヴィッチ
「狼と鳩(上/下)」 キャスリーン・E・ウッディウィス
「満月の夜に」 クレスリー・コール

発売予定日:2008/10/17 二見書房
「夜風はひそやかに」 ジャッキー・ダレッサンドロ
「とまどう緑のまなざし(上/下)」 ジュディス・マクノート

発売予定日:2008/10/20 villagebooks
「今宵、心をきみにゆだねて」 リズ・カーライル
「黄金の勇者の待つ丘で(上/下)」 ジュリー・ガーウッド
「妖精王女メリー・ジェントリー1 輝ける王女の帰還(上/下)」 ローレル・K・ハミルトン

発売予定日:2008/10/25 ハヤカワ文庫
「赤い夏の日」 オーサ・ラーソン

発売予定日:2008/10/下旬 扶桑社ロマンス
「竜潜む入り江の秘密」 ジェニファー・セント・ジャイルズ


発売予定日:2008/10/9 光文社文庫
「吉原裏同心10 沽券」 佐伯泰英

発売予定日:2008/10/10 祥伝社文庫
「眠る絵」 佐伯泰英

発売予定日:2008/10/16 双葉文庫
「ユダの季節」 佐伯泰英
スポンサーサイト

テーマ:ロマンス - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

なんと・・!

まだまだ暑い日が続きますね
こちらはやっと読書の秋モードに突入しましたよ~
いつも新刊情報チェックさせていただいております、感謝!

さっそくですが10月刊でショックだったのは、ジャッキー・ダレサンドロの「真夜中に眠れず」なのです。
仮題どおりなら、もしかして"Sleepless at Midnight"なの~!?って、出してくれるのは嬉しいのですが
何故最新刊から訳本が出る?とやや不満
ダレサンドロ作品が出るにしても、「赤い薔薇を天使に」の次は出版順に出してくれるものと勝手に思い込んでおりましたので、つい昨日この原書が届いた私には無駄な出費だったかとショックでした。(やはり様子を見るべきだったと、悔しい・・)
それにこのシリーズは4作まであるうちの現在は2作出版されているのみなので、あちらの出版順に合わせて間をおかずに出してくれるなら嬉しいのですが、そこのところも心配してしまいます。
新規作家さんで好スタートだったなら順番に出してくれたほうがありがたいのに諸般の事情があるのでしょうかね、残念です。

prueさん、こんにちは~。
こちらはカラッと晴れることが無くて、ジメジメムシムシした天気が多いですよ~。嫌な季節です。
ジャッキー・ダレサンドロの新刊ですが、原書が届いたばかりとのこと、残念でしたね…。prueさんは、原書が面白かった場合、訳本の方も読むのですか?
最近、忙しくてprueさんの原書チェックも出来ないのですよ~。
新刊も、買うばかりで全く読めません。段ボールの中に入れっぱなしになっています(笑)

やっと朝晩は、涼しくなってきました。
10月は面白そうな本が、多く出版されるようですね。「読書の秋」ですかね~♪しかし、上・下に分かれてる本が多くないですか?分厚くても良いので、1冊にまとめて貰わないと、出費が・・・痛いです。

ミーシャさん、今晩は。
そう言えば、上下巻が多いな~と思いながら記事を書いてました。
上下巻だと読み始めるのに躊躇してしまうのですよね。
出来れば、一冊にしてほしいですが、この前出たリン・カーランドのような分厚い作品だと持っているのが疲れると言うこともありますが…。

リン・カーランド

「騎士から逃げた花嫁」の事ですよね?久しぶりに読んだヒストリカルでしたが、ほのぼのした作品でしたね♪
多分・・・「女性」って事だけで、虐げられたり、侮辱される設定が苦手苦手なんです。
今度「狼と鳩(上・下)」が出ますよね。有名な作品らしいので、読んでみたいのですが、苦手分野のような気がします(汗)
あと、9月の「唇・・・塞がれて上下」を読みましたが、「ザ・ハント」の続編のような感じでした。この時のヒロインの同僚(?)保安官のニックがヒーローでした。10月の「瞳・・・閉ざされて上下」は「唇・・・」のヒロインの兄弟が、ヒーローみたいです。多分、読まないと思いますが・・・。

ミーシャさん、今晩は。
そうです、「騎士から逃げた花嫁」のことです(笑)もう、分厚くて読んでいるのが辛かったです。
ヒーローが、ヒーローらしくないキャラクター(詰まった土を鼻からブハっと出すところ等)で、以外に面白かったです。でもちょっとロマンス度が少なかったような…。
ブレナンの作品は、集めてはいるものの最初の作品しか読んでいなのですよね。新しいシリーズは上下巻なので、ますます読めないです(泣)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
プロフィール

nagisetu

Author:nagisetu
1日2冊を目標にお金が尽きるまで読書に励んでいます。

カテゴリー
最近のコメント
リンク
FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

フリーエリア
BLOG PARTS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。